「死体」と「遺体」という言葉の違いについて、なんとなく理解しているつもりですが、改めて調べてみました。

それぞれ用法や使い分けがあるのでしょうか。

「死体」とは

人に限らず、生命の終焉を迎えた動物の体のことを指します。

単純にモノとしての名称です。

「遺体」とは

基本的に、生命の終焉を迎えた人の体のことを指します。(※例外あり)

モノとして扱わず、人格に敬意を示した呼び方です。

用法・使い分け

法律用語

「死体」が使用されます。

例)

  • 死体遺棄
  • 死体損壊罪

ニュース・報道

人に対して「遺体」、その他の生物に対して「死体」が使用されることが多いです。

以前は、身元不明なものに対しては「死体」、身元が確定してるものに対しては「遺体」を使うときもあったようですが、現在は故人や遺族へ配慮して、「遺体」に統一されたようです。

地質学・分類学

基本とは異なり、生物の死体全般を「遺体」と表現します。

例)

  • 動物遺体
  • 植物遺体
  • 生物遺体

「死体」「遺体」以外の言葉

亡骸

遺体に近いニュアンスを持つ。人間以外には使いません。雅語的な表現。

遺骸

人間の死体に対して使用します。死骸と遺骸、死体と遺体は同様の関係性。

死骸

人間以外の死体に対して使用します。死骸と遺骸、死体と遺体は同様の関係性。

骸・躯(むくろ)

死体を指す言葉ですが、首のない死体やその胴体を指す言葉として主に使われます。

屍(かばね・しかばね)

死体とほぼ同意です。