元々、家に仏壇がある方はあまり考えたことがないと思いますが、初めて買う方にはわからないことだらけな仏壇選び。

「仏壇はどれも一緒じゃないの?」「木の種類が違うだけでしょ?」なんて思っている方も多いと思います。

実際は仏壇には種類があり、宗派によって選ぶ仏壇が違います。

今回はその「仏壇の種類」と「宗派によって選ぶべき仏壇」を調べてみました。

大きく分けると「金」か「木」か

前置きにいろいろ書きましたが、そんなに難しいことはありません。

大別すると2種類しかありません。

唐木仏壇」と「漆塗金仏壇」です。

唐木仏壇とは、おそらく皆さんがよく目にしている木の仏壇です。

こんなやつです。

色々な木が使われていますが、“黒壇”、“紫壇”、“欅”などが多く選ばれています。

 

漆塗金仏壇とは、金仏壇とも呼ばれる通り、金箔が貼られ、金に輝いている仏壇です。

こんなやつです。

唐木仏壇に比べて、中の柱や飾りに金箔が施され、木の部分も漆塗りになっています。

お値段を言えば、やはりこちらの方が高くなります。

だからといって、「お値段が安いから唐木仏壇で」というわけにはいきません。

宗派による仏壇選択

宗派によって選ぶべき仏壇が異なります。

厳密にはですが…

絶対そうじゃなければいけないということも無いですし、菩提寺によっては多少変容したルールが存在しているところもあります。

正しくするならこうすべきだ、という選択を書きます。

唐木仏壇 漆塗金仏壇
真言宗

天台宗

浄土宗

曹洞宗

臨済宗

日蓮宗

浄土真宗

(各派による違いは後述)

つまり、浄土真宗のみ金仏壇になります。

何も難しいことはありません、これだけです。

ただし、浄土真宗の方は金仏壇の中でも違いがあります。

東本願寺派か西本願寺派か高田派か

ここもシンプルです。

(宗派) 本願寺派 真宗大谷派 高田派
(見分け方) 太い柱が金 太い柱が黒(漆塗) 太い柱が金で、昇竜がいる
(注意点) 小柱には昇竜がいる 東本願寺を模している 特になし

太い柱に注目して見れば分かりやすいです。

仏壇選択チャート

前述しましたが、絶対はありません。

正式ルールより、ローカルルールが優先されることの方が多いです。

まとめ

  • 唐木仏壇と漆塗金仏壇の2種類がある
  • 浄土真宗は正式には金仏壇
  • 浄土真宗は3種類に分かれる
  • ローカルルールがあるので注意

この4つを覚えておけば大丈夫です。

今度は、仏具と配置について調べてみます。