葬儀の際に絶対に必要になるものの中に、「遺影」があります。

普段から、お写真をよく撮られる方なら良いのですが、
そうでない場合、遺影用の写真の準備に大変苦労します。

  • 「もっといい写真を用意すればいいのに」
  • 「なんかずいぶん昔の写真じゃない」
  • 「なんか不自然な写真だね」

参列者からこんなことを言われることも…

特に親族はなかなかキツい言葉を浴びせてくることもあります。

下記の対策法でそんな状況を回避しましょう!

対策① 普段から“遺影用”写真を撮っておく

3年ごと、5年ごとなどの期間を決めて“遺影用”に写真を撮っておく
これが最も最適な対策です。
『生前遺影写真』というものです。

予算は、ヘアメイクなども入れて、1〜2万円程度のようです。

写真のクオリティもさることながら、
故人も納得の表情やポーズで、参列の皆様に見ていただくことができます。

ですが、本人ではなく、ご家族の方の立場だと、
「遺影用の写真撮影って言いづらい…」
ということもあると思います。

その場合には、次の対策が有効です。

対策② 定期的に家族写真を撮る


毎年、決まった時期に写真館で家族写真を撮りましょう。

家族写真は、大抵カメラ目線で撮りますので、
遺影作成時に、その写真から故人の部分だけ流用することができます。

こんなの見つけました。
『ラヴリーストーリー(小野写真館様:茨城県)』
https://onosha.com/lovelystory/index.html

こういった写真館の家族写真サービスに契約していれば、
時期が近づくとハガキなどでお知らせしてくれるため、
忘れることもありません。

それに自然な流れで写真を残すことができます。

「事前に準備が出来なかった、これから出来る対策はないのか!?」という方には、

番外編① 特殊な写真加工技術で写真を創る

「創る」という表現が正しいかはわかりませんが、
現在の写真加工技術なら様々な条件をクリアすることができます。

オーソドックスで今までも使われていた技術としては、

・服装をスーツに変更する

これは皆さんもよく目にしていると思います。

しかし、現在の加工はこんなものじゃないです。

例えば、

  • 故人の前にカブっている人を消して、欠けている部分を足す
  • 若い時の写真に皺、体重増加などの加齢状況を足して、現在の顔にする
  • 白黒の写真をカラーにする

こんなことまで出来るようになってしまいました。

(注)
全ての葬儀社さん、写真館さんが出来るわけではありませんし、技術者(加工技術者)の方の腕次第の部分もありますので、ご注意ください。

自分で出来る将来への対策もあります。

番外編② 「遺影バンク」に預けておく

遺影バンク
https://ieibank.com/

ネットを徘徊していた際に見つけました。

自分や家族の写真を遺影候補として、クラウド上に保存しておけるサービスです。
実際に葬儀で使う際には、葬儀社さんに「遺影バンクに写真が保存してあります」というと、
そこからデータを引き出して、遺影を作成してくれるそうです。

しかも利用料が無料です。(一部有料オプションがあります。)

遺影の写真も自分で選んでおく時代、なんでしょうか。

これだったら、自撮りショットでも遺影に使うことが可能です。

ただし、保存データの画質が悪い場合などは、仕上がりに影響が出てしまうため、カメラなどの撮影機器は考慮してください。